住まい 県民共済住宅

県民共済住宅ロードマップ②【家づくりに関するお金のこと】

2021年11月29日

こんにちは、こうすけです。

202011月に県民共済住宅で建てた家が完成し、現在は妻、娘、猫の4人で生活しています。

今回は県民共済住宅ロードマップの第二弾、「家づくりに関するお金のこと」というテーマでお届けします。

具体的には、住宅ローンと家計の話です。

こうすけ
せっかく理想のマイホームを建てたのに、住宅ローンの支払いで他にお金が使えないとなったら悲しいでよね。

お金のことで後で後悔しないためにも、今回の記事をぜひ読んでください。

無料ダウンロード

住宅ローンの借入可能額で借りると危険

住宅ローンの借入可能額で借りると危険

住宅ローンを考えるとき、自分の年収だといくら借りられるんだろう、と考えていませんか?

いくら借りられるか=借入可能額で考えると、住宅ローンで失敗する確率が高くなります。

こうすけ
失敗というのは、住宅ローンを払うと家計に余裕がなくなるという意味も含んでいます。

具体的には、

  • 好きな物を買えない
  • 子どもがやりたい習い事に通わせられない
  • 貯金できない

みたいなことですね。

最悪、住宅ローンが払えず家を売らないといけない状況もありえます。

そうならないためにも、住宅ローンは次のような順番で考えてみてください。

住宅ローンを借りるまでの順番

住宅ローンを借りるまでの順番

  • 現在の保有金融資産、負債、家計を洗い出す
  • 住宅ローンを支払っても貯金できる金額を計算(借入希望額)
  • 予算を決める
  • 固定金利か変動金利か決める
  • 借りる銀行を決める(モゲチェック)

この順番で考えると、住宅ローンで失敗する確率がかなり減りますよ。

このあたりの知識を勉強したい人は、「ウサギのローン カメのローン~最高の住宅ローンを選ぶ方法~」という本がおすすめです。

詳しくは【銀行員がおすすめする】住宅ローンの本質を勉強できる本という記事で解説しています。

こうすけ
他にも住宅ローンについての記事を書いているので、あわせてご覧ください。

県民共済住宅の住宅ローンは埼玉りそな銀行が最強な話
参考県民共済住宅の住宅ローンは埼玉りそな銀行が最強な話

続きを見る

【銀行員が語る】銀行員に住宅ローンを相談しても意味がない理由
参考【銀行員が語る】銀行員に住宅ローンを相談しても意味がない理由

続きを見る

こうすけ
銀行を探すときは、モゲチェックを利用すると効率よく決められますよ。

家計の見直し

家計の見直し

いまマイホームを検討している人は、家計の見直しができる大チャンスです。

ふだんは面倒な家計の見直しですが、住宅ローンを考えるために金融資産や負債、家計についてすでに確認しているはず。

あとは支払いを減らしたり、不要なサブスクを解約したりするだけです。

こうすけ
この機会にぜひ見直してみましょう。

例えば次のようなものを見直すと、支出が大きく減りますよ。

特に、保険は必要以上にかけている人が多いです。

基本は掛け捨ての生命保険だけで十分です。

新聞も毎月地味にお金がかかりますよね。

ですが裏技を使うと、日経新聞を無料で読むことができます。

やり方は、楽天証券に口座を開くだけです。

楽天証券のサービスの1つで、日経新聞などを無料で読めてしまいます。

新聞より読みづらいかもしれませんが、毎月4,000円ほど節約できますよ。

こうすけ
他にも家計で削れるところはたくさんあると思うので、工夫してみてください。

余談

本当は運用などについても書きたいのですが、かなりのボリュームになってしまうので家づくりの記事がひと段落したら書いていきたいと思います。

こうすけ
銀行員なので、運用や保険が専門です。

まとめ:マイホーム計画はお金から

マイホームを考えるのは楽しいですが、まず考えるべきはお金のことです。

  • いまの保有資産・負債を洗い出し
  • 月々の収入と支出を計算
  • 借入希望額を計算

この順番で検討し、借入可能額で予算を考えないようにしましょう。

次回のテーマは「【県民共済住宅ロードマップ③】住宅相談〜請負契約までの流れ」についてです。

それでは、次回またお会いしましょう。

【県民共済住宅ロードマップ③】住宅相談〜請負契約までの流れ
参考【県民共済住宅ロードマップ③】住宅相談〜請負契約までの流れ

続きを見る

-住まい, 県民共済住宅
-

© 2022 こうすけの便利帖